FC2ブログ

隣の芝生SM雑記帳

SMを中心とした乱文です

あの瞬間・・・

無粋な話ですが、以前から繰り返し かつ しつこく質問していることがあります・・・
「イクってどんな感じなんですか?」
一生懸命考えたあげく出てきた言葉が 「頭が爆発する感じ」・・・ えーっっ(愕)
すごいことであることは分かるけど 
「もう少し何かオトコにも追体験できるような表現はありませんかねぇ・・・」

「うーん・・」なんて悩んでいるので もう一度 頭を爆発していただいて 再尋問・・・

夢の研究している教授の先生がいて 夢をみている間にうまーく質問すると夢の内容を話すのだそうです・・・
実際、教授が実験台になり助手君がいろいろ質問して 教授が今見てる夢の内容を話している動画がありました
「本当かな???」  
教授の説明では いきなり素人でおこなうのは無理みたいで、それなりに訓練が必要とのことらしい・・・
「まじ 本当ですか???」
・・・ということは、これから頭が爆発する行為をしている最中に耳元で 「今何が見えてますかー?」 って聞きまくる・・・
「そんなことされたら爆発できないじゃないのっ (怒)」 って言われるかなー

単に語彙不足なのかと思い(失礼) 女流作家がその瞬間をどのように描写しているかも見てみましたが・・・なんか腑に落ちない・・・ 疑っているわけではありませんが、世の女性方は実は秘密同盟を結んでいて門外不出の掟があるのかなー・・・と思ってしまいます・・・・

「色々聞きますけど・・・それじゃあ ジェノさんはイク時にどんな感じなんですか?」



「・・・・えっ??」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「頭が爆発する感じです・・・・」



DSCF7414.jpg

  1. この記事のURL 2019/04/11(木) 20:41:34|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

明日 この世を去ることになったら・・・

ブログの管理にはIDとパスワードが必要・・・
しばらく放置していたりするとパスワードを忘れてしまい手入れができなくなったりする・・・
・・・で 考える・・・ 自分が突然この世から居なくなったら このブログはどうなるんだろうか・・って
紙の本は名作を除いては絶版となり 人目にふれことは無くなる・・・
・・・が、ブログは主人が居なくなったとしても 電脳空間には存在し続ける・・・
ペニス増大の広告は表示されるが・・・・

あるじを無くし ふわふわと漂い続ける ブログ・・・辺境の地で細々と存在し続けるのだろうか・・そして
100年先の世界にもいるだろう物好きなSM愛好家に 「バカなこと書いてるなー」 と 呆れてもらえるだろうか・・・
DSCF7356.jpg



  1. この記事のURL 2019/04/09(火) 00:35:57|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

自由筆記が一番むずかしい・・・

半ば強引に誘われて知り合いが参加するアマチュアバンドコンテストの桜役で観に行ったことがあります・・・
参加資格に年齢制限があるらしく いわゆるおやじバンドですね・・・
昔懐かしい歌謡曲やポップス・・・中には突き出たお腹にラメ入りもっこりタイツを履いて名曲Burn を熱唱して息切れしている人もいました・・ 2曲交代で次々出てくるのが面白い!腕はまちまちですが、これまで培ってきた社会経験(宴会芸?)と大人買いした機材に物を言わせた演奏で結構楽しめました・・・
・・・が、あるバンドで明らかに上手すぎるギタリストが・・・しかも何故か観客に背中を向けてこそこそ弾いてる・・・  素人にも羊の群れにまぎれた狼と分かりました・・・・音楽やスポーツの世界って誰でも楽しめますがプロとの境界線は明らかに存在するように感じます・・・
文字はどうでしょうか? 筆不精の人でもラインやメール ツイッター等で一日1回は何らかの文字・・・時には文章を発信しています
楽器に触ったことがない人でも子供の頃の宿題で読書感想文をひーひー 言いながら書いた経験があることは多いはず・・・
書こうと思えば書けるはずなのに思い通りに書けない・・・・文字の不思議です・・・
とある文学賞受賞者のインタビューを読んでいたら手の内の一端がかいま見えた気がしました・・・
曰く 子供の頃から物書きで生計を立てようと思っていた→経験値をあげるために社会人として生活した→文学的素養を吸収するために名作古典を徹底的に読み込んだ・・・
プロスポーツ選手に匹敵する基礎トレーニングと努力の上で文学と対峙しているんですね・・・
自分の目指す目標のために必死に考えて努力も厭わない・・・ それがプロなのかもしれませんね
ふわふわとエロブログを書いている自分は馬齢を重ねそれなりに社会的経験値は上がっているはず・・・ SMに対してもむかーしからの思い入れもあるつもり・・・ 逆さに振ったら 画期的作品ができるのかな?? 動画のようにストレートではありませんが、文字の世界も風情があって素敵ですよね・・・

DSCF0023.jpg

DSCF0114.jpg



  1. この記事のURL 2019/03/29(金) 21:57:33|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜のとばりが下りる頃・・・

逢瀬・・・ 調教・・・ プレイ・・・
SM関係の男女の営みを皆さんどう呼んでいるでしょうか? 
中には「拷問」とか「処刑」 なんて物騒な呼称で呼ばれることもあるみたいです・・・
ちなみに我が家は「ミーティング」と称しています・・・なぜこんな名前になったのかi今となっては忘却の彼方ですが
おそらくこのブログを開始した時にはすでに「ミーティング」だったのでかれこれ10数年ですね・・・
10数年というと変態仲間さんと飲み会などでご一緒する機会があると 「長続きしますねー・・」って感心されることがあります・・・
確かに何でだろう?? って考えてみるとミーティングはだいたい1か月に1回ペースなんですね・・・
お互い忙しいこともありますが、結構律儀にこのペースを守ってきました・・・根はまじめなんです
1か月前の昼ごはん何食べたか って なかなか覚えていないですよね・・・
昼ごはんと一緒にしたら怒られますが 前と同じようなことやってても 
「えっ!すごい! わくわくするっ!」 って感動できる・・・・ 単に物忘れがひどくなっているだけ とも言われますが・・・
あとインターバルが空くとミーティングに体調や精神面でのピークを持っていく意識がはたらくのも良いかもしれませんね・・・
いい年こいたおっさんですがいくつになっても女性にはロマンを感じていたい SMは非日常の世界にしておきたい・・・
って思っています・・・
先日飲み屋さんで後ろの座席にいた妙齢の女性軍団・・・ 半世紀近く女性をやっている方々と推察しました。
ベテランさんになると恋のお話しより健康や介護の話題になるのは男女問わずですね・・・
子宮が落っこちてきたという話をしていて ・・・ 決して盗み聞きしたわけじゃなくて ガンガン話まくるんですよね・・・
最後に1人の女性が 「はーっ」ってため息ついて 「あそこって若いときにはもう少し夢のある部分だと思ってたけど・・・」
などと おっしゃっていました・・・ いやいや下がってきていても自分にとっては夢を感じる場所ですからね!
題名とまったく関係ない内容になりましたが・・・ 
昼から夜にかけて・・・部屋の中の色彩も徐々に変化していくのですね・・・・
DSC02272.jpg
DSC02287.jpg
DSC02324.jpg



  1. この記事のURL 2019/03/28(木) 23:11:27|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒット商品の秘密・・・

正式名称は「ハンディマッサージャー」というらしいです・・・
振動が肩や腰の血行を改善する・・ということで「家庭用管理医療器」として医療機器認証番号を取得しています
・・・が、この機器の写真を見ると結構な数の人が エッチな使用法を想像してしまうのではないかと・・・
ハンディマッサ-ジャー
今回ハンディマッサージャーを発明した人 調べましたが分かりませんでした・・・偉大ですね
目的外使用を思いついた最初の人もいらっしゃるハズですが 今となっては知る由もありませんね・・・
問題なのは派生品として大きなものから小さいものからバリエーションがあること・・・
エロおやじ同士の会話で バイブ大事なとこに埋め込んじゃってスイッチ入れたら大変なことになって・・・
などと話している時に 「ウチも先日入れてみたけどここんちとは明らかに適応サイズが違うよな・・・」 と思いながらも
実機が無いので比べられず・・・ 「あのー、もしかしてヘッドの部分は温泉饅頭くらいですか?  えっ? にくまんなの(驚) 」 などとマヌケな会話になったりして・・・
強さも強弱単純切り替え機とか無段階調節機能付きとかで 話がややこしくなります・・・
一見細身でコンパクトですが電源コンセント使用なのでパワフルで疲れ知らず・・・
人目についても 「こりほぐし目的」か 「すけべ使用目的か」 か 明確に判断できないところも人気の秘密かもしれませんね・・・
aaDSCF6890.jpg
DSCF6891.jpg
  1. この記事のURL 2019/03/27(水) 22:25:57|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白か黒か?

つまらない会議に出席している時・・・一生懸命メモを取っている人がいて すごいなー と思いのぞき込むと 今まさにつまらない発言を延々としている お偉いさんの似顔絵をプログラムの隅に書いていたりしていて・・・さっさっさーと描いていて しかも似てる!
つくづく自分にも絵心があればなぁ・・・ と感心しました・・・
奥は深いのだと思いますが 写真はとりあえず素人にも表現する自由を与えてくれます・・・ 
1眼レフでバシャンバシャン撮れれば それだけで気分はカメラマンなんですが、今やスマホに押されて瀕死状態のコンパクトカメラをもっぱら使用しております・・・
モノクロが何故か多い・・・ なーんか その方がエロシリアスに見えてかっこよい気がする という軽薄な動機なんですが・・
カラーも時には良いですかねぇ・・・   


DS7173.jpg
  1. この記事のURL 2019/03/25(月) 23:32:59|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ここまで来たか・・・・

かれこれ数カ月前・・・ 最近ボケてるというか 約束の1時間前に現場に到着してしまいました・・・残業放り出して慌てて出てきたのにがっかり・・ しかも どんよりと底冷えのする日・・・ 普段は入ることのないコーヒーショップで時間をつぶすことにしました・・・
店に入ったとたんパート(?)のおばさまが3人がかりで 「喫煙席は埋まってますけどいいですかー?」 って その後もお客さんが入ってくるたびにいきなり念押ししてたので、喫煙者のオアシスみたいなところなんですかねー・・ いちおう禁煙エリアに案内されましたけどとなりのカップルさんはスパスパ吸ってるし・・どうやら自分の席とカップルさんの間に見えない境界線が設定されているようです・・・ 席は細長いテーブルで低い仕切りをはさんで反対側にもお客さんが座っています。
恰幅の良いながらもスーツの着こなしが素敵な50歳前後のおじさま・・・ できる部長さんといった感じ
30代後半でしょうか・・ この方もジャケットを着ていますがネクタイも無くぐっとカジュアル・・どうやらデザイナー関係??
もう一人は30歳前後ですか 予備校生みたいな恰好ですが、建築関係の現場で働く人みたいです
 図面らしきものを広げてオトコ3人があれこれ打ち合わせしてます・・・ 初めは部長さんが自宅リフォームするのか?などと思っていたのですが、「照明が・・・」 とか「音響が・・・」 とか どうやら部長さんの会社(それも大企業らしい)が音楽フェスを企画しているようで外タレを呼ぶみたいなんです・・・ 「先方英語だけど大丈夫?」とか部長さん心配してますが デザイナーさんは「外国の方だと環境とか気にするんですよねー」 と別の心配しています・・・予備校生君は見た目によらずしっかり者で部長さん、デザイナーさんの無茶ぶりにも図面を見ながら 「天幕この場所だと風が強いと危ないですねー・・こんな感じでどうでしょう?」などと適格かどうかはわかりませんが冷静に受け答えしています 
・・・で、予備校君 いきなり 「まさかトイレは男女分けないですよね?」
「えっ・・・?」 部長さん絶句・・・ の後 
部長 「いや野外と言いながらも十分な数のトイレを確保しますよウチは!」
予備 「部長、アンコンシャス・バイアスとかダイバーシティ って言って 男女で差をつけるのを嫌がるアーティストが多いそうですよ」
デザ「そうそう・・・ジェンダーハラスメント とか最近言いますしね・・・」
部長「・・う・・・ウチとしては企業イメージに影響するのは困る・・・じゃあ トイレは男女一緒にすればいいんだな・・・」
 部長さんいきなりカタカナ文字を羅列されて 今までの余裕がちょっぴり無くなっています・・・
聞き耳を立てていた自分にとっては衝撃の結末でしたが、時間切れになったらしく 打ち合わせはそこで終了となりました・・・

個人的には絵の具を何でもかんでも混ぜてしまうと 何か暗ーい寒々しい色が出来上がる気がするんですが・・・





  1. この記事のURL 2019/03/24(日) 23:13:20|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春のきざし

DSCF5142

  1. この記事のURL 2019/03/11(月) 06:52:39|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

猥褻ですらない骨と皮

いやいや、びっくりしましたよ
こーんな辺境の地のブログまで検閲の手が伸びたのかと・・・ でも冷静に考えたらアンコの入っていないたいやき君の薄味ブログが通常人の羞恥心を害し性欲の興奮、刺激を来たすだけの内容を伴っているのかははなはだ疑問と言えます。平たくいえば立つものも立たないかもしれない情けない状態・・・・・「善良な性的道義観念」というのは 哲学的で良くわからない・・・

今回の件に限らずこの世界で長年住み慣れた島にもこのところ少しずつ変化が認められていたことも事実・・・・あたかも気候変動の影響を受けつつある南洋の島国のように・・・・凍結のことを知った時、来るべきものが来た・・・・と感じました。
記事の中には自分自身が気に入っているものもあるので、2度と読めないのはさびしいなー などというアホな感想ももったりして(笑)

一瞬とはいえ凍結され手の届かないところに行ってしまったと感じた玉手箱が無事に生還したとなれば、何かは書いてみるでしょ・・という感じで休眠ブログの賦活化対策としての一時ダウンだったら高等戦術でしたねー

放置中も訪問してくださった方がいらっしゃったようで感謝です!
  1. この記事のURL 2015/12/10(木) 01:01:24|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バレンタインの贈り物

クネクネしているうちに不覚にも眠ってしまったらしい・・・ 隣に寝ているはずの彼女に手を伸ばしたが・・・「あれっ?いない?」  かわりに手に触れたのはホテルのメモ用紙・・・・
「苦手な口奉仕させておきながら寝入ってしまうとはほとほと呆れはてました(怒)」 
ええっ?  そうだっけ?  確かに気持ちの良い刺激で体の力がぬけちゃうことあるんだよね・・・ 
・・・・が、次の行に
「いつまでも従順なM女でいるのも馬鹿馬鹿しくなってきたので、ちょっと悪戯させていただきました・・・」
 ぎょっ? 悪戯・・・って碌なことじゃないでしょ・・・・、じとーっと嫌な汗が・・・・

喉が渇いていることを思い出しサイドテーブルの缶ビールに手を伸ばすと・・・そこにもメモ用紙が・・・
「仕様説明書」・・・の文字の下になんだかいろいろ書いてある・・・

要約すると寝こけている間に何かを体に埋め込まれたらしい・・・  そのチップはSMに興味のある女性に近寄ると強度のどうしようもないM男として振る舞ってしまうプログラムが入っているのだそうだ・・・ 頭は正気なのに口ではその女性を女王様と崇め、ズボンとパンツを下して尻毛の生えた小汚い臀部を突き出して涎を垂らしながら罵倒を求めてしまう・・・・何なんだこの恐ろしい仕掛けは・・・・・
情けないことに、相手が本当のS女王様なら納得できるが (何故???) M女さんがそばに来ても同じ行動を強制的にとってしまうのだ・・・・    
あー・・・数十年かけて築き上げてきた(・・と思っている) Sオトコとしてのプライドが・・・・

眩暈を感じながら仕様説明書を読み進めると・・・・
「スケベなあなたのために救われる方法も用意しました。」・・・ と書いてある
一生SMに興味のある女性に近づけないなんて悲しすぎる・・・救われるなら何でもします!
「私が横にいる時はS女王様やM女さんが近づいても、すかした御主人様づら下げて涼しい顔していられます」

えー・・・、すかした御主人様づらしている気はないのだが、そういったことなら素直に反省するしかない・・・・(とほほ・・)

・・・・が、事はそんなには単純ではなかった・・・
普段は良からぬ物を色々なところに突っ込まれて 「ひーっ!」 とか 「イグーっ!」とか、けちょんけちょんな目にあっているM女さんたちの集団バレンタイン攻勢だったのだ・・・・

首都圏にも雪が積もったある日、彼女からメールが届いた・・・ 
「オフ会の話がありますけど御都合はいかがですか?」
凶悪な悪戯をしたことなど無かったようなしおらしい文面だ、つい調子に乗って
「その日は何とかなりそうだけど、麗しいM女さん方も参加するんだろうな?」 などと返信すると
「ええ、大丈夫です・・・私が横についていますから・・・」

えっ?   ・・・・瞬間、自分の分際が嫌な重みと共にこみあげてくる・・・・

当日彼女と共に会場におもむくと、エレベーターホールにはHさん、Kさん  Mさん、Pさんのカップルさんが・・・
会場はエレベーターで最上階に上がったところにある隠れ家風個室レストラン・・・他の客と一緒にならないように専用エレベーターが用意されているらしい・・・ すごいね・・・ もしかして個室内であれこれやっても怒られないの??

・・・が、皆エレベーターを前に立ちすくんでいる・・・・心なしか普段は余裕綽々の男性軍団の表情が硬いような気もする・・
 「どうしたの、いきましょうよ!」
・・・とボタンを押しドアを開けると、エレベーター内には信じられない注意書きが・・・・  
「このえろべーたーは定員2名です。しかも乗っている方がボタンを押し続けないと動きません。ご不便をおかけして申し訳ありません」    
えろべーたー、 って昭和のダジャレでしょ・・・・ん? どうやって会場にたどり着く?

重症Mオトコ発動プログラムチップを埋め込まれてしまった誇り高きSオトコ軍団の運命はいかに・・・・・

 
 
  1. この記事のURL 2015/02/05(木) 21:38:58|
  2. 変譚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

買い出しに行ったよ!

久しぶりながらブツブツ記事で申し訳ない・・・・・

環状線に乗車するのは久方ぶりかも・・・・ ミーティングに備え道具を物色しにお出かけ・・たまたま飛び込んだのが先頭車両・・・ 土曜日昼過ぎの1両目は人もまばらで明るい解放感があります。

鉄道オタクというのはまったく理解の範疇外ですが首都圏大動脈の先頭車両に陣取ると視界には何列ものレールが広がり不思議と見入ってしまいます。
・・・が、何か違和感が・・・・なんでだろう・・・・ と考えると 運転手さんが立ち乗りしてるんですね(驚) そんなに電車の先頭に乗った経験が豊富というわけではないですが、電車ドライバーは背筋を正して座って前方を見据えている・・・という思い込みがありましたが・・・
年の頃30代半ばの運転お兄さん、細身で右手を運転台の上に斜めに差出し斜に構えて運転しています・・・・ 11両もの大車両を導いているとは思えない軽快なノリで次々と駅をクリアーしていきます。 もしかして今運転手さんの中で流行ってる??
座るのも忘れていました・・・目の前のパノラマと大都会の左回りの鉄路を小気味よく乗りこなしていくアンちゃん・・・予想だにしなかった娯楽でした。
もしかして痔が悪化して座れなかった?

アンちゃんと交代して乗り込んできたおじさんはしっかり座席に腰掛け正統派の運転です。この時点でにわか鉄道オタクとなった馬鹿者はパノラマを楽しみつつも運転手さんの挙動も気になります。  ・・・と、気が付いたことが・・・・
その運転おじさん、停車するたびに ふっと左窓に視線を送るんです・・・・ またまた何でだろう??? という疑問が湧いてきましたが、数駅観察するうちに仮説は確信に・・・ 止まった時に丁度緑のラインが運転手席窓に合致するのが良いのではないかと・・・
マニアの間では常識なんでしょうが、たぶんそうなんだと思います。
左側にホームがある場合にはホームに緑の線が書いてあるし、ホームドアにも緑の線がついてます。問題は右側にホームが来る場合だ! ここで目的地の秋葉原に到着・・・
某有名ア〇ル〇ショップに向かいました。 ここでも驚きは若い女性が多い・・・大抵はスケベそうな彼氏に連れられて・・・というパターンですが、女子だけの団体もちらほら・・・・おじさんがスマホでバ〇ブを撮影していて叱られていました。  思うに彼女さんに 「これどう?」的なメールを送って楽しもうとしていたか・・・ぜーんぶその場で画像を消去させられていました(泣)
我が家が何を購入したかはさておいて、足早に先頭車両に向かいます・・・・・

科学的な事と神秘思想は相容れないのでしょうか?
むかーしに伸るか反るかの実験をしている相棒がお札を壁に貼っていたことを思い出します。 科学は合理的で神秘的、あいまいな世界は受け入れないかと思いきや、超越的な存在が創造したこの世界の法則性をひとつひとつ発見する旅路なのだそうです。
自分たちがもがきつつ知りたがっている答えをすべてお見通しの存在がある・・・・ この考えを受け入れるのには勇気がいりますが、齢を重ねるごとに目を背けられない事実なのかもしれないとも思います・・・・

そーんな仰々しいことではないのですが、最終実験・・・・ 右側にホームがある駅・・・早く来い!   ちょっと心配なのは今回の運転手さんは若いのにポーカーフェイス・・・立ち乗りでイケイケでもないし、小さいおじさんの安全運転でもないし・・・・自分の視線の先にディスプレイパネルがあるかのように真っ直ぐ前を凝視したままです・・・・  
「うーん、これはダメかな・・・次の電車に乗り換えようかな・・・」 (←この日は徹底的にヒマでしたね)  などと思っている時に右ホーム、スライドドア無のホームに滑り込んだ・・・ 一番前に乗っていて初めて分かりましたが駅に到達する時ってかなりのスピードなんですね・・・ ホーム上の人が歩いていると線路にダイブするのではないかと不安になります・・・ じっさいホームの端に青白い光を点灯させている駅も多いです・・・・

この駅に停車した時にクール運転手がちらっと左下を見ました・・・凝視していたんで(やっぱりヒマ人だ) 帽子の動きで見逃しませんでした・・・・ 思わず左側の窓に駆けより下を見ると・・・・ 歩道の脇についているような柵にしっかり緑のテープが貼られていました・・・・  「実験は終了した・・・・」 っていうジワーっとした達成感が湧きあがります。22年越しのプロジェクトの最後のピースが嵌った時も、わずか小一時間の乗車で自分の知らなかった事を発見した時も感覚は一緒なのが不思議ですねぇ・・・・
前者は人類を超越した創造者が作成した法則・・・ 後者は電車会社の人が別に深い意味もなく貼ったのだと思いますが・・・・・

ミーティングでも今後につながると思われる発見があったのですが、それはまた別の機会に・・・・
  1. この記事のURL 2014/08/28(木) 21:46:33|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

変な訪問者

やっと暖かくなってきましたね・・・
寒がりM女さんなんで冬期のミーティングはお湯に浸かっているか布団にくるまっているか・・・のふやけた内容になりがち・・・ これじゃダメだと髪の毛ひっぱってお湯に頭を沈めてみたんですが、「鼻からお湯が入ってヒリヒリするよー(泣)」と抗議が・・・ 「次からは生理食塩水風呂にしろ!」 ってことなんですが、2Kgくらい塩投入しなくちゃならないみたいで壮大なプロジェクトになりそうです・・・・ ローション風呂にしろ生食風呂にしろ明らかに配管には悪いですよね・・・・

1a
縄縄軍団も丸まって冬眠してまして、やる気が感じられません・・・・
手前のひとは亜麻縄というそうですが、こんな色なんですね・・

3a
お尻の大きいこの人は最近活躍してくれているスワンちゃんです。写真の雰囲気はおどろおどろしい仕上がりですね・・・ 出番が多くてお疲れでしょうか?

今回はゲスト参加の複数でした・・・が、やってきたのはカッパ大王の使者でした・・・
4a
遠路はるばるご苦労さまです! 真面目にやらないとお尻から血を吸われるかも・・・
吹き出しの中に入れる一言・・・ もうひとひねり欲しいところですねぇ・・・ 

  1. この記事のURL 2014/04/13(日) 14:26:20|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

しんけいの話

巷ではインフルエンザに加えて下痢・嘔吐のウイルスも流行っているようで体調管理が大切な時期となりました。
先日神経圧迫による神経麻痺症状を初めて経験しまして人間の身体ってデリケートに出来ているんだなー・・・と実感しました。(自分だけ?)
そんな時に予防接種で神経麻痺おこすなよ・・・・っておふれが来て久しぶりにじっくり見ちゃいました。
その中で気になるのが橈骨神経・・・脇の下から肘の外側にかけて腕を横切っています。
彼女の頭の重みに耐えながら腕枕を頑張っちゃった時におこる「ハネムーン麻痺」 ロマンチックな病名ですがこれも橈骨神経麻痺の一種だそうで神経走行の図をみると納得しちゃいますね
radial N
拾ってきた画像なんで著作権者さんがいらっしゃったらごめんなさい

こんなもの見るとギチギチに縛りあげて・・・っていうのが大丈夫かなぁ・・・と思ってしまう訳で、でもそんなこと言っていたら縁側でこぶ茶でも飲んでいるしかない?

神経麻痺の方は筋力は随分回復しました。触った感じが歯医者さんで麻酔をかけられて醒める途中みたいな微妙な感覚・・・嫌いじゃないですけどね・・・・神経は1日に1mm回復するのだそうで気長に待つことにします。 リハビリに色んなもの振りまわすといいみたいなんで、どなたか協力してもらえませんか? (笑)

今年も残りわずか、お世話になった皆様に感謝しております。 感謝の気持ちがわりに期間限定(?)で奥座敷犬さんの近況など・・・・ 怒られたら削除します 
 
D1.jpg

D2.jpg

某M女さんのおみやげ?に頂いた麻縄で調子にのって縛っていますが、神経大丈夫だったですかねぇ・・・
  1. この記事のURL 2013/12/23(月) 09:03:17|
  2. SMと健康障害
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

一粒の種

気が付くと周囲の流れに押し流されて日常を受け入れていることに気が付きます
だんだん経験を積んでいくと出会ったことも無い新しい事・・というのは次第になくなってきます・・・あくまでも自分のホームで活動している時だけれど・・・  自分のホームを捨てて荒野に討って出ろ! というのが文脈上の結論になるんだろうけど、無鉄砲に地平線目指して走っていくと帰り道が分からなくなる可能性が大・・・・ これは冗談じゃなくて、旅先でジョギングする時に景色に見とれてあてどなく走っていて帰れなくなった人は実際に居るらしいです・・・・
それでも自分のホームに閉じこもっているのでは新たな世界が広がりませんので、庭先に新しい種を蒔いてどんな芽が出て来るのかを見守りたい・・・    ある日気が付いたらジャングルになっていたりして・・・・
  1. この記事のURL 2013/10/09(水) 02:11:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

一億総草食化は本当か?

エロ活動を行うにあたり気になるのは性感染症・・・・ 年々増加傾向にあると思いきや2003年(平成15年)、10年前をピークとして明らかに減少傾向・・・・ 理由として単純に考えるのは 「みんなセックスしなくなったんだな・・・」 ということ・・・・この事を裏付けるように、20代若者に対する意識調査では「セックスに関心が無い、むしろ嫌悪している!」っていうオトメが2010年(平成22年)の段階で35%、オトコでは21.5% 存在しているんだそうです。
逆に考えるとオトメの65%は「エッチなことに関心大あり、好き好きっ!」って都合の良い解釈もあったりして・・・、それはそれとして人口の一部に極端な生殖活動の低下があるのは確かなようです。
一方、クラミジア、ヘルペス、淋病と多重感染していたり、治ったと思ったらまたもらってきたりという懲りない人々も多い・・・・ そういった人は 「1か月後に再検査するんで再検査の結果が出るまでいやらしい事しちゃダメですからねー・・」 と軽く念押しすると 「いやらしい事ってどんな事ですかっ?」 って喰いつかれます・・・「いや、またうつっちゃうようなことで」 「それってセックス ってことですね! 口でするのはダメですかっ?」「手でコイてあげるのもだめなんですかー?」 って核心をつくキーワードが連発されます。 ここまで性的接触に積極的な女子にはある意味清々しさを感じて応援してあげたくなります・・・  粘膜接触だけが楽しみではないSM世界に案内してあげるのが良いのですかねー・・・・

とここまで書いてきて、報告数が減っているのには別の理由もあるという怖い話・・・・ 鳥インフルエンザが遺伝子変異を繰り返し凶悪化するように性病原因病原体も日々進化しているということ・・・淋病に関しては通りいっぺんの治療ではゾンビのように蘇ってくるのは知られていますが、最近はクラミジアでも薬も効かず通常の検査ではすり抜けてしまうステルスクラミジアがあるのだとか・・・・ 日本では遺伝子検査で拾い上げることがもっぱら行われているんで変異したクラミジアは検知されない・・という問題もあるそうです。

なんだかごちゃごちゃ書きましたが、性的なことに全く興味がない人々と頑張る人々と、この世界にも格差がでてきているのかなー と感じております。
  1. この記事のURL 2013/05/28(火) 23:23:11|
  2. SMと健康障害
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

釣り掘りよりもレーダーだ!

月の満ち欠けを見るにつけ、今では当たり前のように感じている宇宙の法則を昔の人は紙とペンで導き出したわけで凄いことだなー・・ と感じ入ります。 基本は自然に起こっている出来事をじーっくりと観察することなんですね・・

宇宙の果ての探査は知らない事象の探求の最たるものですが、海の中は最も深いところでも10Km位ですが、まだまだ謎が多い世界なんだそうです。 後輩君が巨大イカマニアで折につけ話をするので「深海の超巨大イカ」を見てみましたが、なるほど面白い・・・ あの手この手で神秘のベールを一枚ずつしゅるしゅるとはがしていくのは人間の「覗き見したい」本能を刺激するんですね・・・・ 科学研究というと眉間にしわ寄せて・・・っていう方向になりがちなんですけど、脳内快感物質が出る方向に掘らなきゃいけないんだなー ということを再認識した次第です。

・・で、深海というところは浅瀬と違ってまっ平らで隠れる場所がない世界なんだそうです。そんな領域でどんな風に巨大イカが繁殖しているのか? っていうのはまだ謎だそうです。
・・たしかに代々木公園の芝生の真ん中でまぐわえ って言われても抵抗ありますからねー・・ いや、それがいいんだという白昼煌々派もいらっしゃることは存じております (笑)

巨大イカがどのように出逢うかはさておき、人類はあの手この手で出逢いの方法を進化させています。
最近はスマホのGPS機能を使うんだそうです。 確かにお下劣な目的ではなくても 「ダイオウイカがどうやって産卵するのか妄想を共有したい!」 っていう時に仲間を見つけるのには便利かもしれません。

さっそく調べてみると男女の劣情が絡むと、とたんに騙した騙されたの夢の無い話になります。 それに比し爽やか(?)なのはオス同士で語り合おう っていう目的のやつですね・・・
全世界に300万人のユーザーというふれ込みのヒットアプリみたいです。
SM系ではあるんでしょうか? SMはM女さん側からすると真剣度というかマニア度が高いのかな・・と最近感じています。
それに対し男性側からは通常の交渉でも突く側な訳で、劣状の縁側としてSM的なことに興味があるのか、M女さんの真剣な思いを受け止められるだけの狭量があるのか・・・やや曖昧な点もあるのかもしれないです。

謎の超巨大イカは人間の煩悩を尻目にどこかの深海でしっぽりとまぐわっているでしょう・・・・・ 
  1. この記事のURL 2013/04/21(日) 21:16:34|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

街中の風景

年の瀬から繁華街と言われる街中を徘徊する機会が何度かありました。仲間内の飲み会だったり、仕事で使用する小道具の部品を買出しに行ったり・・・ 街を歩いていると、エロ世界の入り口を垣間見ることがありますが、今回はエロおじさん、それも60代から70代くらい・・・・を目撃しました。
1人はどう見ても水道の工事屋さん といった作業服着た小太りのおじさん・・・髪の毛は手入れしていない白髪がドーナツ状に残った正統派のツルピカおやじ頭です・・・違和感があるのは隣に40歳前後の首にタヌキの毛皮みたいな巻物巻いた細身の派手目お姉様がいること・・・・ 近くの水商売のママさんが、お店の水道管直してもらうためにおじさん呼んだとしか思えない組み合わせなんですよね・・・・   こういった光景を見ると後をついちゃって行くのが暇な時の悪いくせなんですよねー・・・ おじさん、鼻をずるずるさせて色気も何もない感じでしたが、2人で駅裏のラブホテルのフロントに消えていきました・・・・やるなぁ・・・・
その後、飲み会のために次の盛り場に移動したんですが、まだ時間があるのでエロデパートといわれるところに最近のトレンドをチェックしに・・・・
最近の電動玩具はシリコン素材で手触りが良いものが出ているんですね・・・・ 残念ながらお店の中は20代と思われるあんちゃんのグループだけでしたが、中の1人が「この前ペニバンで犯されちゃってさー・・、あれどこだよ・・」とか、「これって女に使うSM用品じゃねえの、オトコ用はどこだ?」 とかおそろしい事を言いながら店内を徘徊していました・・・・まだ若いのに将来有望?
・・・とお店の端の方にある売れ残りDVD格安セールみたいなワゴンのところに、もはやお爺さんと表現した方がよい仙人が・・・・ DVDのパッケージを手に取り口をもごもごしながら宣伝文句を読んでいる!
あぁ・・・自分もあの御年齢になってもエロ心は失わずにいれるだろうか・・
仙人様と異なり茶髪のセーラー服には今でも興味はありませんが・・・・・

本当は屋外露出とかノーパンでミニスカートはいたSMカップルさんとか・・・・そういった場面に遭遇したいんですが、UFO研究家が目撃できないのと同じなんでしょうね・・・・

そういえば、1か月放置していたんで又我が家のてっぺんに宣伝が・・・・時々気になって見に来るんですが「ペニス増大!」系の広告ばっかり・・・・当てつけかっ! (怒)
広告も家主を選ぶんですかね・・・・

今年もオモテ稼業と同様、アナザーワールドでも充実した時間が得られればと祈願しております。
よろしくお願いします!

 
  1. この記事のURL 2013/01/03(木) 16:41:26|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

本当にひとりごと・・・

最近は何でも略すのがはやっているのか、NTR これは寝取られ願望という特殊分野だそう・・・
このところ立て続けに2人の方から「できちゃったけど、本命か遊びの人か分からない」 って相談を受けました。
この手の相談は今までもありましたが、大抵は「誰にも言えない・・・」 って感じの演歌調の登場の仕方が定番でした。 ・・・が、久々にあたってびっくりしたのは本命君も一緒についてきているんですよね・・・
そういった時は一応まぐわった日を時系列で思い出してもらって事情聴取するんですが、1人は「実は遊び君が別々に2人いまして・・・」 という猛者でした。 驚くことに、そこらへんの事情を本命君も知っているということなんです。
本命君、怒るでもなく、悲嘆するわけでもなく、話を聞きながらも結構淡々としているのがとっても不思議でした。

・・で、2つめの略語がNIPT(non-invasive prenatal genetic testing) 最近報道で見かけるようになった「採血だけでお腹の赤ちゃんの遺伝子診断するよ」 っていう検査ですね・・・・ お産をする年齢が上がったことで、異常があったらより早く、安全に知りたい ということで、様々な技術が開発されてきました。 そのうち一つの方法が1年くらい前から実用化されて日本でもこの秋から導入される予定でした。・・・が、倫理的な問題をもう少し話し合う必要があるのではないか・・・ という声があがり、現時点では導入は技術的には可能だけれど、体制が整備されていない・・・ということで、止まっています。
・・・一方、ルール作りをしている間に「採血するだけで、お腹の子の父親を鑑定しますよ」 っていうビジネスが既に始まっちゃてるんですよねー・・・  表玄関のところで色々と倫理的な問題を議論している間に染色体の検査も裏口のネット受付で格安料金で遺伝子検査しますよ・・・ ってところが、早晩出てきそうです。
無修正動画がお茶の間から見れる時代になったんで、国内だけに通用するルール作り 自体が次第に意味のないものになりつつあるのかもしれません。

大量の遺伝子解析を短時間に行える技術が進歩したことで、人間の奥底に潜む神秘も暴かれる日も近づいてきたのかもしれません。 攻撃性に関与する遺伝子の研究はあるようですが、マゾヒストに関してはまだまだ解明されていないようです。 「彼女が飲んだコーヒーカップの縁からマゾ性を診断しますよ」 っていう技術を確立したら注文殺到するでしょうか?  それより、「ご主人様が本当にサディストなのか調べてほしい」 って依頼が来たりして・・・・・

最初に登場した2組のカップル・・・・その後の消息は不明です。








  1. この記事のURL 2012/11/23(金) 21:30:38|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

天然 vs 養殖

ある日メールボックスに  「誰にも言えない恥ずかしい相談にのってください、私はマゾなのでしょうか?」  ってメールが来ていたらどうします?
あー、またエロおやじに撒餌を蒔いてる業者か・・・ って思いますよね・・・・でなければ、自分がマゾだかどうかをわざわざ他人に質問するなんて天然さんだなー って事になります・・・

・・・・ん? 「天然」・・・・ 以前にもこの話題は出た・・・・ 

食の世界でいくと「天然もの」 っていうのは美味しくて値がはって当然・・・って感覚がありますよね・・・ 主に魚介類でしょうが・・・・ 養殖というと一段低い立場に見られがち・・・

SMの世界でも当然、天然物と養殖物のどっちが良いか(美味しいか)という疑問が湧きあがります。

究極の養殖ものというとアダルトビデオの世界ではないかと・・・・ それも水槽の中で泳いでいる姿を指をくわえて見ているしかない・・・という生殺し状態・・・・

天然物・・・というと 「真正M女」 という古風な表現になるんでしょうか・・・・

星の数ほどあるSMパッケージの中でも「真正M女」が出演していることになっているタイトルは何か別の輝きを放っているように見えます・・・・単にタイトルつけたヤツに自分の軽薄なスケベ心を弄ばれているだけですが・・・・、 でも作り物でない真のマゾ女性というのは オトコのご無体な要求になんでも答えてくれそうな甘美な匂いがするわけです・・・
・・が、実際、日常で玄関を開けたら「真正M女」さんが宅配されてきたらどう思います?  
昔、近所にプラモデル好きのおじさんが住んでました。 そのおじさんを手伝ったんだか何だか詳細は忘れてしまいましたがお礼に結構大きめの船のプラモデルをプレゼントされたんですよね・・・・ 帆船のプラモデル って作ったことある人は分かると思いますが、一般小学生が太刀打ちできるレベルではない訳です・・・・ 案の定ぐちゃぐちゃになりつつあって、そのころを見計らったようにおじさんが現れるんですよね・・・・ 「あー、これはヒドイなー・・・」などと言いながらプラモデルは持ち去られ、一週間後にピカピカの完成品が届けられました・・・・
これって何だか嬉しくない・・・・・・

真正M女さんを更に自分仕様にカスタマイズするぜ・・・・ っていう考えもあるかと思いますが、天然M女さん 神秘のベールに包まれています


・・・と何となく思っていたら海の向こうにも同じような考えの人がいるようです。
「natural born slave って本当にいるの?」 って質問しているM女さんがいました。例によって回答編を・・・

稀に、「私は正真正銘のマゾ女です」 っていうヒトもいるかもしれないけど、大多数は自分と同じSの部分も持っている多面的な存在なんじゃないかな?
だいたい、「正真正銘のマゾ女」なんてふれこみはバカなご主人様を持ち上げて満足されるための釣り餌みたいなもんよ!


おー、 なかなかキビシイ意見ですねー・・・

「真正M女です」なんて宣言して何になる?  思うにそういった事を口にすることで、自分の考えを確かなものにする・・・という行為なのかなー・・・
意地悪な見方をすると「自分は一般ピープルとはちょっと違う・・」ってアピールしたいところもあるのかも・・・



では養殖ものの方が良いのか・・・・ っていうことに関しては、今のところ意見は見つけられていません・・・

「ったくー、文字ばっかりのエロブログほど始末におえないものはないんだから・・・天然物でも養殖物でもいいから、さっさとエロ写真載せろよー・・・(怒)」

・・・・これが消費者の方の声ですね・・・・
  1. この記事のURL 2012/09/30(日) 21:44:15|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

首輪の行方

いや、世知辛い世の中になったというか・・・・ FC2ブログ・・・1か月以上放置するとお仕置きされるシステムになったんですね・・・・  いえいえ、これはモチベーションを与えてくれるFC2さんの愛あるお尻叩きとして前向きに捉えましょう!

・・で今日のお題は
「2人の関係に終止符が打たれる時・・・・・」
 そのカップルさんにとって、首輪は主従関係で重要な位置を占めていた・・・ということにします。
これはピアスの場合もあるだろうし、もっと普通のネックレス・・・とかもあるかも・・・
いずれにしても2人の関係性の象徴をどうするかということ・・・・
首輪は主さんか従さんか、 どちらが引き取るのでしょうか? これは「べき」ではなく個人的意見・・・しかも理由も述べよ・・・という理屈っぽい設定です。

従さんが引き取る場合、さらに疑問が生じます・・・ゴミ箱ポイか・・・・五寸釘打って夜な夜な呪いをかけるか・・・ もしくは引き出しの中にそっとしまっておくか・・・ 

さらにさらに・・・ポイしなかった場合で
主さんから単に与えられた首輪ではなくて、貴女が主さんを想いながら手作りした首輪だったとしたら、関係性を解消した後も自分の首につけてみることはあるのでしょうか?

主さんが引き取る場合、やはりゴミ箱ポイか・・・・次の奴隷さんに使い回しするか?

考えてみると、首輪とかはゴミ箱行き確率高そうですが、ちょっと手のかかった鞭だったらどうなるでしょうねぇ・・・ 
M女さんにとって、新しいpartnerがヨレヨレの縄を取り出した時・・・・評価は分かれると思いますが、どうなんでしょうか・・・・
  1. この記事のURL 2012/09/08(土) 01:07:16|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7

性奴隷と哲学

8月に入ると夏休みモードのためか野暮用が若干減少してくれます。 そんな時は庭の雑草抜きからメールの整理まで普段おそろかになっている用事を片付けないと・・・・
メールの受信箱を覗いてみると、むかーしに登録したFetLifeを発見・・・・
BDSM愛好者のコミュニティーなんですが、英語ベースなんで読むのも面倒くさくて放っておいたんですね・・・
久々中に入ってみると、やはりマニアな世界ですねぇ・・・「今度ご主人様に焼き印を入れてもらうんだけどおススメの場所は?」とか 「もし貴女のご主人様が死んでしまったら・・・」 なーんて議論が繰り広げられています。 お約束の「どこに行けばM女さんが手に入りますか?」 なーんて質問もされていて、「新聞の求人欄でも見な!」 などとカツを入れられていました。

その中で 「 In your Opinion What is the Gorean Master's Creed 」
というスレッドが・・・ Goreanって何? creedは主義とか信条だそうで、「ゴレアン主義のご主人様」・・・っていったい何なんでしょう??

そうすると、ゴレアンというのは昔のSF小説、「反地球シリーズ」のゴル星の人々の生き方から来ていたんですね・・・この小説は1ページも読んだことがありませんが、SF的要素の他に著者の哲学者センセイの非常に強烈な女性とは「かくあるべきだ」論がちりばめられているらしいんですね・・・・
その世界はオトコにとってここまで妄想ふくらましちゃっていいの? っていうくらい都合の良いことになってるんですが、その世界を26巻にわたってチマチマを具体的に書き込んだようなのです・・・・・
この具体性が信者を呼び起こすことになります・・・・ゴレアン的生活を実践しようとするオトコが現れるんですよね・・・・これは十分理解できます。ある意味AVの世界ですから・・・ところが、女性からも支持されているというのが一般常識からすると理解しがたいことになるのだと思います。

ゴレアン主義(もしくは哲学) 英語で専門的な解説がいくつかあるようです・・・どれも字がびっしり書いてあるところを見ると読書好き、文章好きの人がゴレアンなのかも・・・また、BDSMとゴレアンは異なる っていう興味深い論文もあるんですが、内容が哲学的過ぎてよくわからない・・・(泣)

たまたま、Ann Olsonというダイエットコンサルタント(?)の人が書いた記事をみつけました。
素人の目から「ゴレアン哲学って女性を人間あつかいしない凄い内容なんです・・・・」っていうのをしつこいくらい書き連ね、「ても自ら飛び込んじゃう女性もいるんですよねー・・・」 とレポートしています。
「何故女性はオトコにとってこんなに都合の良い教義に引き込まれてしまうのか?」 っていう疑問に本質的には答えてくれていませんが、これはアナザーワールドの住人(このブログを読んでいるアナタですよ!)が答えをだすしかないんでしょうねぇ・・・

翻訳文はアップした後に手直しするかもしれませんのでご了承ください・・・
また、ゴレアン主義の説明が「しつこいっ!」てくらいされていますが、あくまでも著者の原文を最大限尊重した結果ですので、隣の芝生の庭に火炎瓶を投げ込むようなことは勘弁してください。

「続きを読む」で荒削りゴレアンワールドをどうぞ!
The Gorean Lifestyle: A Woman's Right is Slave
  Why Goreans Believe Women Only Exist to Please Men


[性奴隷と哲学]の続きを読む
  1. この記事のURL 2012/08/05(日) 22:59:58|
  2. ひとりごと
  3. | コメント:8

M女性の脳内探索

あの人、何考えているか分かんないよ・・・・ とか・・・
 「主さまはどう思っていらっしゃるのだろう・・しくしく・・・」 とか
 こころの機微は外から分かりにくい事が、男女を問わず人間関係の難しさでもあり、奥深いところでもあります。
「相手のこころが手に取るようにわかる心理学」
「自分の命令をなんでもきく従順で公衆便所にもなる淫乱なんだけど清楚で奥ゆかしいM女に洗脳する方法」 
みたいな本が本屋の書棚に並んでいたら、思わず手が伸びませんか? 
「相手のこころが読めれば・・・・」 「相手の考え方を自分でコントロールしたい・・・」
という願望はSMに限らず、多くの人が持っているのではないかと・・・
しかし人間のこころ・・・・奥深い井戸を覗き込んでいるようなもの・・・・
その得体のしれない「こころ」というのを突き詰めると脳みそ ということになります・・・
脳科学が一時期マスコミでも盛んに取り上げられましたが、脳の動きを調べる方法が進歩してきたこともあるかと思います。
割とよく使われているのは脳出血とかの診断に用いられているMRI検査を使用したfunctional MRI法という技術・・・ある刺激を与えた時、反応する脳の部分の血流が増加することを検出することにより、脳の迷宮を解き明かしていく方法だということです・・・・
こういったハイテク技術が出てくるとフツーは「薬物中毒になりやすい人の脳の動きを調べて予防や治療に役立てる」 とか、「自閉症の人の脳内の働きを明らかにすることにより治療薬を開発する」 とか 至極健全なことに用いよう・・・とするわけです・・・・が、これが欧米人のすごいところで、「クリとま○この絶頂期では脳の反応が違うのか? 」 とかいう研究にも使われちゃうんですよね・・・・
少し前の研究ですが、あの無味乾燥なMRI診断装置の中で大事なところに良からぬ棒を突っ込んでおなってもらうそうです・・・ それで絶頂を迎えた時の脳内の動きを測定するんですが、 脳のMRI検査って閉所恐怖症の人は絶対ダメってくらい狭い筒の中に入らなきゃダメだし、ピーとかゴンゴンとかビビビビ・・・とか磁場を発生されるときの騒音がものすごいんです・・・・ そんなところでオ○ニーできる淑女を見つけることからして難しそうです・・・・
まあ、とにかくいくつかの事が実験により判明した訳ですが、クリとま○この気持ちよくなる仕組みは異なる・・・乳首はま○こはほぼ同じ場所で反応している   
絶頂に至る時、痛みや苦しみを感じる部分も反応している・・・ っていうことみたいです。
あと、必ずしも敏感な部位に刺激を加えなくても絶頂と同じ脳内の反応は作り出すことができる・・・ということも研究したセンセイは強調しておられます。
 ここまで来たら、M女さんの脳の中身も調べたくなりますよねぇ・・・・
Gスポット研究でも有名な Beverly Whipple 先生の一派が行っている研究みたいですが、密かに研究が進んでいたりして・・・・
この研究が発展すれば、「ツンと澄ましていても、実は淫汁をダラダラ垂らしている変態Mオンナ」を探知する装置が開発されるのかも・・・・
・・えっ? 「M女性は拾ってくるもんじゃなくて、自分で作り上げるものだろう!」
  そのご意見・・・ごもっともでございます・・・・

クリピアスと神経の話を書こうと思ってたんですが、脱線したまま終了です・・・・
M女さんfMRI検査プロジェクトに参加してくれるボランティアさんいますかねー・・・
しかし、検査中 パートナーのSオトコさんに来てもらって色々刺激を与えてもらわなければいけないんですが、頭を機械に突っ込んだM女さんに向かって 「このメスぶたがー!!」 って叫ぶのも大変かも・・・ 
  1. この記事のURL 2012/08/02(木) 23:20:35|
  2. SMと健康障害
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

就活中Sオトコ

気分的には先日まで寒さに凍えていた感覚が残っているのですが、今はどこに行っても誰とあっても蒸れた感じになってますね・・・ 果たして人間にとって暑いのと寒いのとはどちらが良いのか?・・・・そういえば、SM界の巨匠と言われる方・・・・雪の中で逆さづりしてバーナーで炙る・・・という事してたの見たことあります・・・どっちがヒドイか結論出ないんで、どっちもやっちゃおう! って考えなんですかね・・・・

ところで、「ずいぶん久しぶりじゃないの?」 とツッコミを入れてくださる方には感謝です・・・
実は壮大な実験中でして、ずーっと変なこと書かないでいると当店に来てくださる方の検索キーワードがどんなものになるか・・・・興味があった訳です (←言い訳)
最終的に生き残った検索語句は 「SM 飲尿 安全性」 で当店を訪ねてくださった方でした・・・
「SMで飲尿プレーしたいんだけど、安全でしょうかね?」 といったところでしょうか?
安全性を担保してからプレーに臨むアナタ・・・素敵です・・・・・
・・・が、人間製造過程で皆さん飲尿はしているんですよね・・・そこの貞淑な奥様・・・あなたも例外ではないんですよねー・・・・
Sオトコさんにとって飲尿プレイというのはどういった位置なんでしょうか? まず思い浮かぶのは、「とにかく人の嫌がることをやりたい!」 っていう天邪鬼体質の表現型・・・・ もしくはプレー中の脱水予防のための水分補給しなくちゃと思っているんだけど、飲み物買ってくるの忘れちゃったんで飲尿で水分補給・・・ 
 涙ぐましいですねー・・・

それでもう一つの検索語句が 「Sオトコ 就職」 うー・・・ これ、どういう意味でとらえれば良いんでしょうか? 「これから就職したいんだけど、おたくの会社に奴隷秘書はいるんでしょうねぇ・・・」ここまで強気でリクルート活動できるのは羨ましいですよねー・・めでたく就職がきまった折にはよろしくおえがいます!

仕事を一生懸命やるからSMも楽しめる・・・って、Sオトコさん、働き蜂 っていう結論ですかねー・・・
更にインパクトのある検索ワード 期待してますです・・・♪


  1. この記事のURL 2012/08/02(木) 01:46:17|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自由時間に好んで習慣的に繰り返し行う行為

趣味難民・・・・というのは勝手に作った造語ですが、最近増えているような・・・

右肩上がりの成長が見込めなくなってきた時代、表芸をがむしゃらに掘るだけでは行き詰る可能性が高くなっています。 そもそも表芸の方も効率化を進めた結果、余裕が無くなってきている感じ・・・・窓際のおじさんも組織全体としては必要な存在なのかもしれません。
・・・で、裏芸を充実させることは、この世知辛くなった世の中を渡っていくための安全弁・・・自分を護る防御服でもあるわけです。

先日の飲み会、無趣味を卒業することに半ば脅迫観念を抱いている友人(A君)が出席していました・・・・
A君は一応大企業に就職して順調にキャリアを積んできているイイ奴です。
付き合いでゴルフとか麻雀、釣りも行くそうで、一見何で悩んでいるのか????です。

・・・が、本人談では、ゴルフも釣りも仕事に必要だからやっていた感があり、本当に心底やりたいのか分からない・・・・・というのです。 仕事の終わりも見え始めた昨今、荒野に放り出された気分だ・・・・と、
もともと先を見越して行動する慎重派のA君らしい悩みではあります。

そんな会話をしている最中、「・・ではいったい自分の趣味は・・・?」 などと考えたりします。
今回の飲み会のメンバーには話す訳にはいきませんが、「SM] これが近いかなぁ・・・・ などと思っていると・・・

「趣味っていうからには、玄人はだし・・・ってところまでやり込まないとダメだよね・・・、そこまで打ち込めるものって何だ?  オレはどうすればいいんだ・・・」
なんて、初めからハードル高くして嘆いているA君がいます・・・・・

「えっ? 玄人はだし・・・・って、縛っている途中でめんどくさくなっちゃう自分がSMが趣味です・・・なんて公言しちゃまずい・・・?」 などと心のなかの声が・・・・

どんな趣味が自分にあっているのか悩みまくっている友人を前にして、皆も解決策を考えます・・・
心理系に強いB君が 「働き始めた後の物差しで趣味を考えるから分かりにくくなるんだよね・・・・、学生のころからさかのぼって、自分が夢中になったことを思い出したらいいんじゃない?・・・・」

なるほどー・・・、さすがB君良い事を言う・・・・世俗の垢に染まらない自分が興味を持っていた事こそが趣味候補という訳ですね・・・・
・・・・で、自分も記憶をたどってみると・・・・
色々と手をだしたものはありますが、小学生のころから一貫して興味を持ち続けたのは、やはり人様には言えない、この世界のように感じます。 
その意味ではやっぱり「趣味はSMです!」でいいんでしょうかねぇ・・・
表芸との間のバランスを維持する働きは確かにしていると感じます・・・
玄人はだし・・・っていうのが、引っかかりますんで今後はこの点の改善が課題だったりして・・・・

趣味を持つ・・・ということはなかなか容易ではない・・・という笑い話のような悲劇があるんだということを実感しました。 
「あなたにぴったりの趣味を見つけます!(ただしエロ系専門)」 って看板出したらお客さん来ますかね・・・


  1. この記事のURL 2012/01/22(日) 16:51:41|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

類は友?

めまぐるしい日々・・・・・、2週間前でも遥か彼方昔のように感じますが・・・何せ時が進むのが遅い我が家ですので、やっと記事を書く段階まで到達しました・・・・ 
2週間前にあった大イベントとは、葉月さんのサイト「裏葉月」の10周年記念祝賀会・・・・ 盛大でした。楽しかったです! 宇宙から変態さんスコープというので観察していたら、新宿駅北西部に怪しい光の集積が観察できたのではないかと思います。
葉月さんのところの宴会では毎度のことですが、花嫁さん自らが走り回って式を盛り上げているっていう図式で、司会はするは、お尻は差し出すは・・・・鶴の恩返しも真っ青の演出には感動いたしました。

これまで裏葉月宴会には周年飲み会に1回・・・確か奥座敷犬さんは2回か3回? あとキラキラパーティーに参加させて頂きましたが、自分の知る範囲と異なるのは何といっても舞台があること・・・・ シャンパンタワーやオークション・・・上映会・・・・など、居酒屋さんとかではなかなか出来ない企画は新鮮でした。

それと、毎回密かな楽しみにしているのは、少しずつではありますが知り合いの方が増えること・・・・
最初にこのような会合に奥座敷犬さんと参加した時には当然0名だったのですが、その後少しずつですが増えてきました。葉月さんつながりで知り合いになれた方の割合はやはり多いですね・・・・ 今回もネット上では以前から存じ上げていた方と初対面を果たすことができました。 その中の1人の方と話していて、自分がかねてから感じていたのと同じ話が出たのには驚くと共に納得・・・・ 「ネットでお互いに訪問するところは一つの島を形成しているような感じ・・・・」 えーっと、SM系ブログは以前に比べるとやや落ち着いている感じがしますが、あるところを見るとリンクで更に掘っていく・・・・この作業を繰り返すと徐々に掘る方向は自分の好みの方向になっていく訳です。 毎回スタート地点が違っていても、最終的には同じフロアーに行きつく感・・・ってあります。

時々「新大陸発見か!」 なーんて喜んでいると、他の島の住人とは既に繋がっていたりして・・・・・
あと、ネットでは年齢不詳なのに、交流するようになるのは不思議と同世代だったりします。

日本の一市町村にいると、世界の丸さが感じられないのと同様、自分の存在している島の隅々まで探検は出来ていませんが、ほんと、続けることにより自分の知らなかった世界を少しずつ拡げることができるのだと実感しました。・・・



[類は友?]の続きを読む
  1. この記事のURL 2011/11/24(木) 20:58:58|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

『愛人犬アリス』

人はいずれ死ぬ・・・・・
宇宙の果てを探査できる技術が開発されたとしても死後の世界については何ひとつ情報を得ることは不可能です
時々、生死をさまよったという人が、三途の川を見た などという話はありますが、本当のところは分からない・・・
宗教観による違いはあるのかもしれませんが、少なくとも死により現在の生活は断絶し、今とは確実に異なる世界が待ち受けている・・・・この厳然とした事実が死への恐怖心の要素のひとつなのかもしれません。
また、死に至る過程で自分にどんな状況が訪れるのか・・・・・これも年齢を重ねるにつれ不安に感じる要因かと思います。
高齢化を迎えた現在、老いに関しては自分の晩年を記録することで、後世に情報を伝えようとする試みは数多くなされています。

今回の本は、死の淵に達したことを悟った状況で団鬼六先生が執筆を決意したということです。 他の闘病記と異なるのはラプラドールの愛人犬と著者の甘く切ない日々を中心に綴っていること・・・・、 現実の闘病生活には愛人犬のみでなく多くの人々が関わったであろうことは巻末の記念写真でも容易に想像できますが、愛人犬の存在が、老いて弱っていく官能小説家の最期に温かみを感じさせてくれます。

著者が一時帰宅で二晩愛人犬と同衾した翌日、体調を崩し再入院となります。おそらく最後の入院となることを覚悟していたのでしょう。自宅を後にすれば2度と戻ることは無いし、愛人犬に濡れた瞳で見つめられることもかなわない・・・・・・迎えのタクシーが来たことを告げられ、膝をたたき、「よっしゃ!」と立ち上がる場面があります・・・・・大きく息を吸い込んだ後 「さよなら!」と一言を発し、見送る愛人犬に振り返ることなく玄関を出て行きます。
様々な出来事があったであろう人生の最終章に踏み出して行く・・・・・胸に迫るものがありました。
また、去っていく御主人様に頭を撫でられるでもなく、背中をじっと見つめるアリスには犬とはいえ、愛人と呼ぶにふさわしい場面だったかもしれません 

「快楽主義者に飼われた犬は身体に悪い食べ物も好きに与えられて寿命が縮まるのかもしれない・・・・が、自由に生きることによって逆に長生きするかもしれない・・・
どうせ分からないのだったら、いたずらに禁欲的になることない人生に賭けてみたらいいじゃないか・・・・・」 というメッセージ 
現実社会でその通り実践することは難しいですが、変態のはしくれとして重く受け止めました。
  1. この記事のURL 2011/08/07(日) 21:04:54|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長い物には巻かれろ!

イラマチオ・・・・Sオトコにとって、甘美な行為・・・・、フェラチオは女性(時として男性もあるかも・・・)が能動的に御神木を舐めたり、吸ったり・・・・とにかくオクチを使用して快感を与えるという作業・・・・、対してイラマチオは咥えさせた上で相手の頭をつかんで己の快感のおもむくまま 突き立てる・・・ もしくは正常位と同じポジションなのに何故か相手の顔の上で腰を振っている・・・・ なんてヒドイ行為・・・・

「相手の身になって考えよう」・いつも言われていました・・・・・が、イラマチオに関しては無理です・・・、こんな事されたら 出家して南の海の無人島に旅立ちます・・・
でも、自分としてはお気に入りなんですよねー・・・・

最近は奥座敷犬さん、という呼称は取り下げた方が良い? (飼い主以上に自由に野原を駆け回る野生犬と化してます・・・・) が、この奥座敷犬さん・・・・ SM界のコロンブスの如く、旺盛な好奇心で次々と無理難題を楽しみに変換してきました・・・・・自分としてはコーチングが良いからだなどと都合の良い解釈をしていましたが、奥座敷犬さんのチャレンジングなキャラが限界を求めるSM界とマッチングしたのかもしれません・・・・

・・・・が、一見何でもござれの奥座敷犬さんですが、弱点もあるようです。
そのひとつがオクチを使用しての御奉仕・・・・・・
あんなヒドイことを嬉々として受け入れるのに何でオクチはダメなんだろう???・・・・・こんなにイラマチオが好きだ って言ってるのに・・・

色々と今までも言い訳を聞いてきましたが、今回は説得力のある言い訳が出ました
「長いもの が苦手だ!・・・・」
道理で組織の中でもお上の思い通りにならない巻かれない人なんですねぇ・・・・   
  ・・・・ 、と一瞬納得しかけましたが、 今アナタが咥えてるものは何?

・・・え? もしかして、これは「長いもの」 の仲間に入れてもらえないんですか・・・ショック・・・(泣)

今回のミーティングで判明したのは、思いっきり深く突き立てると最深部に甘美な感覚を呼び覚ます花園が存在するということ・・・・
加えて・・・花園を楽しんでいる間・・・・胃液逆流誘発を必死にこらえてるんだということ・・・

「別に我慢しなくてもいいんじゃない?」 と言いましたが、 
「さっき食べたたこ焼きのタコの足が出てきたら引くでしょ・・・・」 と反論されました・・・
メッシー系は勉強中なので、ごもっともです。
ここで引き下がるのが、あっさり系Sオトコなんですが、 「それじゃぁ、数日間ゼリー飲料で固形物がゲに出ない状態で挑戦しよう!」 などと提案してきました・・・・ ほーんと頼もしいです (笑)

イラマチオの語源はラテン語の「授乳する」らしいですが、あんなにガシガシ喉の奥を突いていて乳乳もなにも無いですね・・・・ 

苦手な長いものに変身するべく、御神木を鍛えねば・・・・・
  1. この記事のURL 2011/08/03(水) 14:45:54|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夏の午後に・・・・

忙しすぎて脳ミソ溶けるかも・・・・などとボヤいている割に、「何もしなくて良い時間」をいきなりプレゼントされると戸惑ってしまう・・・・ 先日の状態がまさにそれ・・・・・
窓の外を見ると いかにも高気圧優勢 といった青空・・・・海というよりは港の奥の運河に近いところなんでしょうが、夏の水辺はリゾート気分にさせてくれます・・・・

・・・とはいっても、仕事帰りですので役場の戸籍係の中途半端なクールビズといったいでたち・・・・
夏休み気分だけでもちょっぴり味わうことにしました・・・

桟橋のところに水上バスとか遊覧船の発着場が見える・・・・ ハマの桟橋で真昼間からビール・・・ これは贅沢です・・・
ついでに読書なんかもしちゃいました・・・・
最近現代小説で頭がこんがらがっていたんですが、懲りずにミーハーな選択で「のぼうの城」 映画化されるんですよね・・・・

・・・で、前回の「わたしを離さないで」 に比べるとめちゃくちゃスルスルと読めました・・・・人名の漢字の読み方は最後まで覚えられませんでしたが・・・・

この小説・・・一見愚か者ではないかと思わせるリーダーの茫洋とした魅力、その引力に引き寄せられた角張った仲間が 天下統一をなしとげつつある強大な権勢に一矢報いる・・・・といったカタルシスがあります・・・
考えてみると大石内蔵助とか西郷隆盛とか、普段はアバウトで懐が深い・・・みたいな人間に惹かれるところがあるんでしょうね・・・・

・・・とすると、御主人様としても 普段は「バカじゃないの」 くらいなのが良かったりして・・・
改めてS女さん井戸端会議を覗いてみると、 「すべて完璧御主人様」派 だけではないことが分かります・・・
 物語的には 完全無欠の御主人様と身も心も隷属するM奴隷・・・というのがポエムで美しいんですが
 意外と 「うちの宿六がまたバカことして・・・」 みたいに言われているS男さんの方も、どっこい頑張っているのではないかと感じました・・・

・・・これって、時折吹き抜ける風が気持ちのよい桟橋で考察することじゃ、なかったですねー・・(笑)

・・・あ、 シューマイ 買ってくるの忘れた・・・
  1. この記事のURL 2011/07/19(火) 23:20:20|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ハアハアするために・・・・

ハアハアすること・・・・別の言葉で「劣情」・・と表現されることもあります。
・・・なんとも差別的な・・・、感情の中でも一段貶められています・・・

劣情を日々の生活であからさまにしていると、場合によっては塀の中の住民となります・・・
・が、劣情が存在しなければ人類存亡の危機が・・・・

施政者としては、劣情火山大爆発されても困るが劣情が理性の鎧に覆われっぱなしになっても大変だ・・・といったところでしょうか・・・

この劣情との付き合い方は難しい・・・また、お手本も正解もない世界なんで、個人差が大きいところ・・・
反対意見もあるかもしれませんが、男女にかかわらずMさんは劣情をストレートに表現できる立ち位置にいるのではないかと感じます・・・・・反面、Sオトコさん・・・・ どちらかというと武士は食わねど 「余裕ぶっこいてる感」を醸しださなければいけないような・・・ これって勝手な思い込みかもしれませんが・・・

そんな訳で人にしつこいくらいインタビューするのは大好きなくせに、反撃には滅法弱いんですよね・・・

自分のあんこ無し疑惑の釈明が目的ではなくて、今回はエロ界にも多少関係する「緊急避妊法」が新しいステージを迎えたということ・・・

妊娠する可能性がある時期に避妊しなかった、避妊に失敗した場合・・・緊急避妊が最後の砦になります。
これまで主に用いられてきたのはヤツペ法というピルを12時間おきに2回服用する方法・・・・
難点としては吐き気が出やすい・・・12時間後に正確に飲むのが意外と難しい・・・・ 昼に1回目を飲んだとしたら2回目は真夜中・・・・
その後、欧米ではホルモンの種類を変え、1度のみの服用で効果のある緊急避妊薬が開発され販売されてきました。今回日本で新たに使用できるようになった緊急避妊薬は1999年にフランスで発売されたもの・・・
なんと10年以上の歳月をかけてやっと日本上陸なんですね・・・・
ここまで時間がかかった背景は低容量ピルがなかなか解禁されなかった経緯と似ているのかもしれません。

避妊目的のピルに反対する意見のすべてに目を通した訳ではありませんが、大きくは
①本来妊娠するはずだったものを妊娠しなくさせるのは、生命に対する冒涜である・・・宗教的な観点からかも
②避妊しなくても後からカノジョに緊急避妊薬飲ませればいいんで、自分の好きなようにしまーす
  といったバカオトコ、バカオンナを助長するのではないか・・・

ある意味ごもっともな点もあるのですが、特に②に関しては緊急避妊薬の処方をきっかけに、「もうちょっと考え直したほうがいいんじゃないの」 と働きかけるきっかけになるかもしれないです。

そんな訳で、服用方法がより分かりやすくなり、副作用も以前のものより軽くなった緊急避妊薬が手に入るようになりました。

お猿さんもハアハアするのかもしれませんが、人間のハアハア構造ははるかに複雑です・・・・
・・・が、本当にハアハアした時に、避妊やら性病やらの懸念は頭の中からふっとんでしまうのでは・・・・
逆に、「コンドームよし!」 なーんて指差し確認されたら、ちょっと冷める・・・、
でも、想定外の事態が発生した場合に、「早ければ早いほどいい・・・」という知識は最低限、持っといた方が安心・・・・

冷静なハアハアも不気味だけど、非常口を確認していないで完全に頭のネジが飛んじゃっているのも、ちょっとと怖いかも・・・


最後に、新しい緊急避妊薬・・・値段がなんとかならないんでしょうかねぇ・・・・・
  1. この記事のURL 2011/05/29(日) 23:03:10|
  2. SMと健康障害
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

リスクのカタログ

世の中には色んなことを研究している人がいるもので、
「どんな状態だと寿命がどれくらい縮まる(延びる)か?・・」というデータを調べている人がいます。
本来は原子力発電所がどれくらい安全かを説明する目的で集められたデータのようですが、人生の午後にさしかかってくると、ちょっと気になる話題ではあります。

どれどれ・・・、と見てみると・・いきなり、
「オトコ・・というだけで2800日寿命が短い」 うわぁ、そうきましたか・・・
確かに平成21年の日本人の平均寿命は男性が79.59歳 、女性が86.44歳ということですので、間違ってはいなさそうです。はかない命の勘違いオトコの行動・・・大目にみてやってください・・
その他、
酒を日常的に飲む人は230日短い、薬物乱用者は100日短い・・・・って、薬物乱用者の方が長生きなんですか・・(驚)
時速110Km/h ですっとばす奴の方が95Km/h の人より40日短い・・・40日位だったら、アクセル踏んじゃいますかね・・・

続いて、どんな食生活を続けると、どれくらい寿命が縮まるかも計算してくれてます・・・まったくの余計なお世話ですが・・・
毎日コーヒー2杯飲むと26日、ピーナツバター 茶さじ1杯連日パンに塗ってると 1.1日 寿命が縮むそうです。 食べすぎは良くない・・とは良く言われますが、210日寿命を縮めるには100キロカロリー 余計に食べることだそう・・・フライドポテトSの半分、肉まん3分の1個、チョコ4かけら・・・・これくらい小腹がすいた時に口にしていますね・・・

トンデモデータとしては
「これを1回行うと何分寿命が縮まるか・・?」
ダイエットコーラ1本飲むと9秒縮まる
道路を1回横断すると24秒縮まる
ドライブで1.6Km余計に走るごとに24秒、カロリーの高いデザートを食べると50分も寿命が縮まるそうです。
デザート恐るべしですが、米国人の食べるデザートですので・・・

タバコ1本につき10分・・・・これは5分30秒とか色々なことがいわれてますが
日本独自のデータも調べられています。20歳から死ぬまでタバコを同じペースで吸い続けると仮定して・・・
タバコ1本吸うごとの寿命短縮効果は、1箱/日未満で 7.6 分/本 、1~2箱/日 で 4.0分/本 、2箱/日以上で 3.0分/本 だそうです。
たくさん吸うと1本あたりのリスクが減るんですね・・・
中途半端に吸うくらいだったら「毒を食らわば皿まで」みたいな感じでもいいのでしょうか・・・、もちろん吸わないのに越したことはありませんが・・・

あれやっても、これしても寿命が縮まるばかりなのか? 
これだったら家の中にひきこもって、何もしないのが良いのか・・という後ろ向きの考えになりそうです・・・

一応つけたし程度に「寿命が延びるバージョン」も発表されています。

家に火災報知機つけると10日間延長、シートベルトをしっかり着用することで50日、車を買うなら小さいのよりか大きいのにすると50日寿命が延びるそうです・・・

寿命が延びる系のデータはもう少し知りたいですねぇ・・・・
一般的には変態系性行動を行っている人は寿命が縮まるというデータが出そうな気もしますが、自分の知っている範囲のSオトコさんは働き過ぎくらい表稼業が忙しい人が多いんで、仕事のし過ぎで寿命をすり減らしている可能性もあります・・・

SオトコさんがM女さんを鞭でビシビシ打って「ひーひー」言わせる・・・・
一見、M女さんのライフポイントが低下するようにも思いますが、M女さんブログを拝見する限り、寿命が逆に延びちゃっているのではないかとも思われます。
「鞭一発で30秒・・、逆さづりだと5分寿命が延びる・・・」 なーんてデータが出たら、どうしましょう・・・ ウメさんに「わたしゃ、明日からMになるよっ!」 って言われてしまうかも・・・・

好きなことをやる・・・ってことが一番なんでしょうね・・・




 
  1. この記事のURL 2011/05/24(火) 22:19:28|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
次のページ

プロフィール

genomic2p

Author:genomic2p


dfw222@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する