FC2ブログ

隣の芝生SM雑記帳

SMを中心とした乱文です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. この記事のURL --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛犬の友

M女さんを犬にたとえる・・・犬扱いする・・・イイですね!

そこで、実際の犬を観察してみると・・・・
何回か餌をあげたり、遊んだりしていると、仲間に入れてくれるようになります。
どうやら犬は上下関係に厳しい体育会系らしいので、なめられないように振舞っていると格付け順位が上がっていき、やっと実験開始できる状態になります。(ここまでで結構息があがってますが・・)

この状態になると、犬はそばによっただけでへそ天(あおむけになって両足もひろげてしまうはしたないポーズ、ちなみに手はちんちんの格好)になります。
もうこうなると遊んでもらいたくて撫でてもらいたくて「どうにでもしてーっ」状態でボールなど投げようものなら大興奮!! 
こちらが遊ぶのに飽きて放っておくと、つまらなそうにふて寝してますが、ちょっとでも動くとがばっと起き上がってつぶらな瞳で訴えかけます。

この忠実さ、愛くるしさに飼い主さんが嵌ってしまうのは充分理解できます。
じゃあ、忠犬を供にSMの世界からは足を洗うか??
100人の御主人様に聞いたら98人が「否!」というでしょう。

「当たり前のこと書いて馬鹿じゃん」
まあ、そう言われると次が続かないのですが・・・

「絶対服従の奴隷を求める」気持ちと
「犬みたいに絶対服従じゃダメなんだよねー」という気持ち・・・・

S男のブログ探しは最近あまり進展してませんが、この2つの気持ちの隙間にいっぱい叫びが詰まっているのではないかと思ってます。

最近ぐだぐだと文章ばっか書きやがって写真出せ ゴラァー!!
とお怒りの貴兄に・・・・いつもちっちゃくってスミマセン
  1. この記事のURL 2007/02/23(金) 21:44:06|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百合 vs 薔薇

最近話題になっている「複数」ですが (どこで? って方はHeart on Body さんのバレンタインデー周辺の記事をご覧下さい) これは自分としても永遠の課題です。現時点での小括としては2S1Mの関係が良いのではないかと思いコメントもしました。 自分の想定した範囲としてはS男性2人にM女性1人がせいぜいだったのですが、事はそう単純ではなく、Mは男性さんもあり得るし、バイセクシャルまで登場するとなると組み合わせ∞でちょっと考えまとまらない状態です。

とりあえず、ノーマルな(ノーマルじゃないって!)2S2M からいくと、女性同士の絡みはOKだけど男性が越境攻撃するのはちょっと抵抗がある場合が多いかもしません。・・・ というか、こういう場面になるとS男の方が「あさましい姿をお見せしたくありません」的なええ格好しいになる傾向があると睨んでいます。乱交系だと「おりゃおりゃー」となるのでしょうが、自分の経験した範囲内ではSM系では他の方との交流には礼節を持っている方が多いように感じています。

そんな訳で、M女さんはすっぽんぽんでS男さんはネクタイもはずしてないというアンバランスの状況で事が進んでいきます。

やはり絡むのは女性同士が美しくて良いですよね。

S男どももハグして胸毛と尻毛すりすりしろや!!

というご意見も、ありましたら歓迎します♪

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

  1. この記事のURL 2007/02/18(日) 22:50:08|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:25

S男の遠吠え

しばらく留守にして、スミマセン。何とか生還しました。
S男 という表現、少し間抜けな語感がしますが、サド、主、飼い主・・・どれも 一般的な呼称としてはしっくりこないので、とりあえず S男でいきます。

ブログの世界ではS男さんは相当マイナーな存在です。
S男の反対語としてM女という表現を使うとすると、M女さんは絶対不動の御主人様がいて、その周りで御主人様の何気ない言動や行為に心乱されたり、時にいきなり笑い飛ばしたり、とにかく起伏もあるし物語が綴られやすい環境といえます。
脳内イメージとしては、舞台の上、M女さんが椅子に座り、細いスポットライトをあびて切々と詩を朗読している。 舞台の後ろには障子があって、何故か御主人様のシルエットが浮かび上がっている・・・そんな感じでしょうか。 

S男が揺れるS心を打ち明けるブログ・・・・ 

叫ぶS男の会・・・・

そんなブログの情報、ありましたら教えてください。

ちなみにいつも乱入させて頂いているマロニエさん、この方も素晴らしい「叫びスト」です

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

  1. この記事のURL 2007/02/17(土) 15:10:49|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

緊急避妊

避妊の失敗は身体のみならず心にも大きな傷を残す可能性があり、大切に育てた深い絆に重大な危機をもたらします。

基礎知識として各種避妊法の失敗率のデータを提示しておきます。
oc.jpg


普段から避妊に細心の注意をはらう、それが理想ですが実際の場面では事後にリカバリーが要求されることも多いのではないでしょうか。
そのような状況に直面した時の対処法を知っていることも大切だと思います。
日本国内で実施可能な緊急避妊法として一般的なのは避妊に失敗した時から72時間以内(できれば24時間以内)から中用量ピルを12時間おきに2度に分けて使用する方法です。
避妊効果は100%ではありませんが、事後に出来ることとしては最も確実な方法とされています。
少し裏技的なところはありますが低用量ピルを用いたり、避妊リングを挿入する方法もあります。
いずれの方法も残念ながら医療機関での診察が必要となります。
しかし、妊娠のリスクは絶対に回避すべきであり、迷わずに受診することが大切です。
最後に・・・・
いざ緊急避妊に対応してくれる医療機関を探そうとすると、意外に苦労したという話を時々聞きます。通常時に情報収集しておくことが役にたつかもしれません。
  1. この記事のURL 2007/02/10(土) 18:24:51|
  2. SMと健康障害
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

死ぬ瞬間

キュブラー・ロスという方が、末期ガンの宣告を受けた方々にインタビューを行い、死に至る心理的変化を5段階にまとめた有名な報告があります。

すべての方がこの段階を経るのではありませんし、現実にはそれぞれの心理状態は交錯しこれほどクリアカットにはならないと思います。日常生活の中で大きな精神的ショックを受けた時も、同様の心理的変化が生じる可能性が考えられます。
SMではどうしても精神的にぎりぎりのことが行われることもあり、健康障害には肉体的なものに加え、精神的なダメージも見逃すことはできないと考えます。
精神的ケアを行う時に参考になるかは分かりませんが、掲載してみます。

「否定」
自分にとって到底受け入れられない出来事が生じると、
「それは何かの間違いのはずだ」と否定する。
否定しきれない事実である事が分かると、事実を肯定している周囲から孤立するようになる。

「怒り」
拒否し否定しようとしても否定しきれない事実だと自覚した時、
「どうして自分だけがこんな目に遭わなければならないのだ。」
という怒りの感情が湧いてくる。

「取り引き」
自分が置かれている状況は拒否しても怒りを爆発させても変化させる事が出来ないことを認識する。しかし、なお何かの救いがないかと模索する。
「この状況から脱出できるのであれば何でもする。」
「悪いところはすべて改めるから、もとの状態に戻して欲しい」
と取引きを試みる。取引の対象は人に対してばかりではなく、絶対なるものとして神に対して行われることもある。

「抑鬱」
条件を提示してそれが満たされても、なお定めが消えない事が分かると、どのようにしても自分は救われないのだという事実が感情的にも理解され、閉塞感が訪れる。何の希望もなく、何をする事も出来ない、このようにして深い憂鬱と抑鬱状態に落ち込む。

「受容(開放)」
抑鬱のなかで、自分が必死に拒否し、回避しようとしていた現実を、ゆっくりではあるが、違った視点から客観的に観る事ができるようになる。
または、時間的経過により、自分が拘っていた事から次第に開放されていく。

この変化の中で周囲が行える支援としては、ひたすら傾聴することだそうです。

SMサイトを楽しみに覗きに来た方には「なんじゃこりゃー!」とお怒りのハガキをもらいそうな内容が時々出てきますが、勘弁してくださいね。
  1. この記事のURL 2007/02/09(金) 23:38:20|
  2. SMと健康障害
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

お道具

お友達のS男性の方のお道具バック(巨大)を見せてもらったことがあります。
[お道具]の続きを読む

テーマ:SM - ジャンル:アダルト

  1. この記事のURL 2007/02/02(金) 21:09:05|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Author:genomic2p


dfw222@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。