FC2ブログ

隣の芝生SM雑記帳

SMを中心とした乱文です

肉便器のつくりかた

思い起こせば20年以上も女性という生き物の身体的、精神的研究を重ねてきたわけですが、ついにある一定の法則を発見しました。

「この方法を使えば、清楚で気位の高い女性でも必ずあなたのどんな命令にも秘所からよだれを垂らしながら絶対服従する淫乱メス犬肉便器ドM奴隷になります」

本方法に興味があり、悪用はしないと約束できる良識ある成人の方のみ先にお進みください。 

クリック→ [肉便器のつくりかた]の続きを読む
  1. この記事のURL 2008/12/21(日) 13:11:16|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あんなことやこんなことしたいんだけどビョーキになりたくない!

こんにちは、ワールドワイドブログというかナンで?? と驚いてしまいますが、ネブラスカ州在住のジェフ君(仮名)から変な日本語(しかもローマ字 泣) で相談メールが送られてきました。
何でもジェフ君、和式SMの世界が好きで独学で日本語勉強中だそうです。すごいですねー・・・
そういえば今や日本が世界に誇れる「アニメ」「オタク」効果で日本語学習する人が増えているって聞いたことありますねー・・・・
ジェフ君にはネット上で拾った内容をお答えしたんですが、ジェフ君の勉強のためにも日本語バージョンも作ってみました。 頑張れ!ジェフ君 パートナーさん出来たら写真送ってねー♪

あんなことやこんなことしてると色んな汁が出てきますけど、要注意! お口や肛門、もちろんアソコ等にはむやみに垂らさないほうがいいみたい・・・・花粉症でおめめをこすっちゃったり、鼻ほじっったアナタ・・・・粘膜に傷がついてますよ!
「オレは入れるぜ!」 ってアナタ・・・・「ゴム装着してるからいいだろう」 って?
いえいえ、まずは素材の勉強からです・・・・ラテックス、プラスチック、ポリウレタン・・・・化学ですな・・・確かにゴムを最初から最後まで着けてるのが最強!・・・ちょっとつまらない気もするけど・・・
そんで、SM系の人はローションマニア多いと思います。ローションって言っても色々あるけどワセリン、ベビーオイル、ハンドクリーム、油ベースのヌルヌルは注意が必要・・・ラテックス・・つまりゴムを破壊しちゃう可能性があるんだと・・・・怖いですね・・・・
「油ベースのヌルヌル使いたいならポリウレタンコンドーム使え!」 だって・・・・ちなみにゴムアレルギーの人最近増えてるらしいけど、この場合もポリウレタンね・・・・
昔ながらのゴムコンドームを使うんだったら「水/シリコーン・ベース」・・・・これってのペペ、アストログライド・・・・・・・なるほどー・・・です。

それから、前や後ろの穴いじるのが好きなご主人様をお持ちのアナタ・・・・・「少しでも穴の中を綺麗にしておきたい」 という乙女心・・・・美しいです。・・・・が、「穴の内部を洗浄することは実は感染リスクを高める可能性があります。」 ・・・だそうです。「洗浄により自然な潤滑が消失し粘膜保護に役立つ「良い細菌」を消失させている可能性があります。このことは挿入による摩擦を増加させ、粘膜に損傷を与えるる場合があります。また、ウイルス感染をさらにも広げるかもしれないので、ファックされた後に浣腸するのも役に立ちません。」だって・・・・ 「自然な状態で汁を垂らして待て!」 ってことですかね・・・

更に、お口を使用する前に歯磨きしちゃダメ・・・という掟が・・・・
「歯を磨いた後にディープキスかオーラルセックスを行うには少なくとも15分は待ってください。」・・・・うぅっ・・・・待てないよぉぉ・・・・

特殊な分野になるのかもしれませんが、精液を味わうのにも注文がつきます・・・原文の直訳は・・
「口の中で精液を受け止めるのは避けてください。 ことわざにあるように、もしあなたが口内射精を受け入れるなら「飲み込むか、吐き出してください。決して口の中に貯めないでください。 精液があなたの口により長く残れば残るほど、HIVがあなたの身体にエントリー・ポイントを見つけるようになります。またディープスロートはあなたののどですりむけを起こすことができます。(それは、HIV感染のための有効なエントリー・ポイントであるかもしれません)」・・・・ことわざって何?? 蛇に噛まれた時の「急いで口で吸え!」みたいなヤツですかね・・

以下は「余計なお世話編」
「セックスおもちゃを共有しないでください。 張形かバイブレーターの上にコンドームを使用してください、そして、石鹸と水か過酸化水素の中で次々とそれらを掃除してください。」
ほとんどインフエンザ流行時の注意とおなじですが、「過酸化水素に浸けても壊れないバイブです」 って箱に記載してくれるとありがたいですが・・・

結局、こうなってくると「1人でオナニーしてるのが一番安全・・・・」みたいな感じになってしまうんですが、荒野に狩に出なくてはいけない(・・・と勝手に思い込んでる)Sオトコとしては、身に着けておかなければならないのかもしれませんねー・・・・Sオトコには自制心と我慢が求められる・・・(涙)

最後の緊急時のアドバイスも泣けます・・・・・・

「もし剥き身で挿入しちゃった場合、逝きそうになる前に抜いてください! 完全ではありませんが少しはリスクを下げられるかもしれません」
荒野に打ち出でたSオトコ・・・・・・試練が待っているようです。

<注釈>
原文はおそらくゲイの方、それも不特定多数乱交派のエイズ予防のための文章なのかも・・・・・・・特定相手限定のカップルさんにはここまで厳密な要求はないと思いますが、SM入門者らしいジェフ君に向けた文章ということでご理解ください。 [あんなことやこんなことしたいんだけどビョーキになりたくない!]の続きを読む
  1. この記事のURL 2008/12/14(日) 22:11:16|
  2. SMと健康障害
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

SM超基礎用語バトン (genomic2p編)

カンヅメあけの寝ぼけまなこでブログ散歩をしていると・・・・
雅さん のところに何やら企画物が・・・・・更に
「リンクを貼ってるブログの管理人様全員・・・・」 なぬっ?  恥ずかしながら我が家もリンクの片隅に置いていただいている身として、これは参加しないと・・・・・ という訳で自己満足定義を考えてみました。例によって超個人的見解で失礼いたします。
以下本文

@@@@@@@@@

「各単語についてのあなたの「勝手な」解釈を、素人さんにわかりやすく説明するような気持ちで解説してみてくださいw。解説がめんどくさい場合は「パス」で端折ってしまっても構いません」

■1.SM
凸と凹
・・・・・あ、これって機種依存文字?  「でこ」と「ぼこ」・・・・もしくは「おう」と「とつ」です。念のため・・・・

文字化けするようならお知らせください。当初は凸と凹でいかせていただきます。

■2.S  ■3.M   
一見凸がS、凹がMという気もしますが、実は逆なのかもしれません。
以下は一般論として凸がSさんと仮決めして進めます。

■4.主従  ■5.ご主人様  ■6.奴隷
いずれにしても凸凹が合わさっていて成立する関係・・・・
突起の部分が尖ってなければいけない・・とかハート型が良いとか様々な意見はあると思いますが、とにかく合わさっていることが肝要・・・

■7.なんちゃってS
①自称なんちゃってS
タイプ1
自分はSだと思っているのですが、Sと言い切って「まだまだ生ぬるい」と思われたくない予防線としてこのように自称しているかも・・・・
「凸の突起の形はこうでなければならない」 というご主人様偏差値妄想も影響か?
タイプ2
求道者タイプ・・・・人はどうあれ「オレの求める凸はこれなんだけど、まだまだだ!(泣)」
インナー理想のご主人様像に向かい日々精進し続けるストイック派

②他の人を「なんちゃってS」と格付けしちゃう人
ある意味、やはり突起の形に「かくあるべし」論をお持ちの方でしょうか・・・

■8.サービスのS
凸凹面をすり合せるせるべく努力する人?
しかし自分の突起を相手に無理に合わせているといつか爆発します。
すり合わせしつつ、密かにお相手の凹面も形成していたりして・・・・

■9.エゴマゾ(満足のM)
凹さん側だって削られるだけじゃなくて凸さんの突起削ったりします。

■10.スキン
皮膚は生身の人間が唯一持つ「よろい」 体表の5分の1以上を失うと生命の危険が生じる・・・
「肌が合う」「肌のぬくもり」・・・・等、他人との精神的な接触に係わる重要な感覚器官でもあります。
凸と凹は時として融合し、溶け合いたいと願望するが、現実にはその願望を阻止する冷酷なバリアー・・・・・
たとえ生で挿入していたとしても互いの「よろい」である皮膚、粘膜面をこすり合わせているに過ぎない・・・というのは夢の無い理科系オヤジのたわごと・・・・・

@@@@@@@@@

「なんだよー・・SMじゃなくて一般論かよ(怒)」 とおしかりの声が聞こえてきそうですが、様々な人間関係の凸凹の中でSMはちょっと形の変わった凸凹・・・・相手を簡単には見つけられないし、お互いの歩みによってはとんでもない形に変形しながら合体し続けることも可能・・・・・
また、一時はこの上なくピタっと合わさっていたのに次第に形にずれが生じて・・・・ということもあるかと思います。
無理に相手に形を合わそうとしたり、もともと形が全然違うのに無理くり突っ込んだり・・・・
理性では「やってはいけないこと」と頭では理解してるんですが、時として制御不能になるのがヒトなのではないかとも思っております。
<追記>
そういえば、以前に「サディストとは・・・」って題で書いたことあります。今回の視点とは異なる内容ですが、よろしかったら参考にしてみてください。
「サディストとは」
「slave vs submissive  (サディストとは・・・分家)」


テーマ:SM - ジャンル:アダルト

  1. この記事のURL 2008/12/06(土) 21:52:00|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

genomic2p

Author:genomic2p


dfw222@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する