FC2ブログ

隣の芝生SM雑記帳

SMを中心とした乱文です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. この記事のURL --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

真夏の夜のできごと

20年位前、ある地方都市で働いていました。今でも時々断りきれずに出張カンヅメにでかけます。 昔から変わらず色気も無いカンヅメ部屋ですが、夜網戸にしていると虫の音と共に涼しい風が吹き抜けていくのは、この季節の楽しみ・・・・しかし、もともとは沼地だったそうで、用心しないと蚊の餌食になります。

梅雨明け宣言が出されたにもかかわらず、陰気な雨が降ったりやんだりの蒸し暑い日・・・・1泊2日の楽しい(?)カンヅメです。その晩は平和な夜で、机の上の古式ゆかしいプッシュホン電話(受話器と電話がブタのしっぽみたいなグルグルコードでつながってるやつ)も静かにしてました。
昔だったら 「ビールでも・・・」 となったところですが、この御時勢・・・・・そういった訳にもいかず、受付の自動販売機に飲み物を買いにいくことにしました。

カンヅメ部屋は事務室の奥にあるので暗い廊下を進み、階段をおりていくと、これまた薄暗いロビー、長いすが無機質に並んでいて、あまり気持ちの良い空間ではありません。ロビーを横切り売店の前の自動販売機に向うと・・・・・ 長いすの端にステテコと爺シャツのくたびれたオヤジが・・・・・ちょっと、ギョッとします。夏の夜中にはあまり会いたくない相手かも・・・・
でも無視するわけにもいかず、一応声をかけます。
「ちょっとー、久しぶりだけどこんなとこで何やってんの?」
ステテコおやじは、ゆっくりと顔をあげると、にこりともせず 「おう・・・」とめんどくさそうに返答した。

ステテコオヤジ、今でこそ正体は知っているが、ヤツと出会ったのは、 まぎれもなくこの仕事場だった。
初めて自分にまかされた難しいばあちゃんが急変して夜中に呼び出された時のことだった。
何をすればよいのかも分からず動転した自分はばあちゃんに馬乗りになって胸を押し続けることしかできなかった・・・・・

ほどなく到着した先輩は何もせずにしばらく状況を観察してから、おもむろに「午前2時40分・・・」 と宣告し、部屋を出て行った。
「あー、終わったんだ・・・・・」 と全身から力が抜けたその時、部屋の隅に地味なポロシャツを着た中年男が立っているのに気がついた。
自分がこれまでに何回も顔をつきあわせ相談してきた家族・親族では見かけない顔だ・・・・何となく違和感はあったが、その時は事後処理に奔走しているうちに忘れてしまっていた。

それから3年の間に、このオヤジとはしばしば顔を合わせることになった。 あと1ヶ月で都会に戻ることになっていたある日、いつものように部屋の片隅に立ちすくんでいるオヤジ・・・・
今日こそは決着をつけてやる・・・・・ ずんずんとオヤジの前に歩み寄り、手をつかむと廊下に引っ張り出した。 
「アンタ、大変な状況の時に必ず部屋の隅にいるけど、親族じゃないよね・・・ 先週もいたし・・・・・もしかして葬儀屋の新手の商売方法?」

「俺は運命なんだよ・・・・」 当たり前という風におやじは答えた・・・・・初めて口を開くのを見たが、前歯は欠け、おでこも中途半端に禿げ上がり、絶対にもてないタイプ・・・・
「運命って・・・・アンタ、もしかして、しに・・・・」 思わず大きな声をだした自分の口をゴツゴツとした大きな手でさえぎると、しわがれた小声で一気にまくしたてた・・・・
「おまえにとっても俺の存在は便利なはずだ・・・・・おまえが初めて俺と会った時に上司はやけにあっさりと引き下がると思わなかったか?、俺がいるときに何がおこるかはお前が一番良く知っているはずだ・・・・・」

知らなかった・・・・・  この3年間、右も左も分からなかった自分に先輩は技術と知識を惜しげもなく与えてくれた・・・・・・・・ 
 なぜ このことは教えてくれなかったのか・・・・・・

その後、都会に戻った自分はいつのまにか「その場に居る第3者」の存在を気にしなくなっていた。荘厳な場にふさわしくきちんとしたスーツを着た紳士が居合わすようになったからなのかもしれない・・・・・
 おそらく、同僚達はロマンスグレーの紳士の存在に気が付いている・・・さらにその意味も・・・・
  しかし、どれだけくだけた話で盛り上がっても、何故か一度も話題になったことがない。 
思い切って自分から話を切り出そうとしたこともあったが、口に出すと魂が抜き取られるような不安感が胸の奥底から湧き上がってくる・・・・・

.........................................................................................................................................................


「オヤジ・・・・・今日もお迎えか? 思うんだけど、お迎えの時はもっときちんとした格好で出てきたほうが良いと思うんだけど・・・・」 
 早くこの場を立ち去りたい気持ちで、ゆっくりと移動するうちにオヤジと真正面から向き合う形となった・・・自動販売機の光に照らされて黄色く濁った目がこちらを向いている。

「俺がオマエの担当になった・・・・」
「??、 ・・・・ 今晩、この世とおさらばしなくちゃいけない・・・・・・???」 血液が逆流し、汗がふきだす・・・・・ のどのあたりで鼓動を感じる・・・・

「いや、そうじゃない・・・・」 ステテコオヤジはあまりの狼狽振りを気の毒におもったのか何時に無く強い口調で否定した。

「残り約10年を切ると担当決めることになってるんだ・・・・ 自分の担当がどんな人間かを把握しておく必要があるからな・・・・」

「10年 って・・・ぜんぜんリカバリーになってないじゃん・・・・ それに何だよ、オヤジは閻魔大王かなんかの手下なのかよ?」
オヤジは質問には答えずボソボソと続けた
「俺にも詳しい決まりごとは良く分からない・・・・ 実際、担当決まってもはずれたこともあったしな・・・ いずれにしても、オマエがまだやりたい事があるんだったら俺のテリトリーのこの場所にはもう来ないほうがいいかもな・・・・・・」

オヤジの言葉は耳に入らず、「10年・・」という響きが頭の中をぐるぐる廻っている・・・・・ 

カラカラの喉を振り絞り、オヤジに質問した
「この先10年、何をすればいい?」

「知らんな・・・・ 好きなことやりゃいいだろ・・・ 噂でしか聞いてないが、死神がとりついた人間には不思議な能力がつくらしい・・・・必死に願えば、金も名誉も性欲を満たすことも好きに出来ると・・・・・ この1晩、オマエを観察していたが、欲望に対してちょっと中途半端じゃねぇか?・・・・・ まぁ、俺みたいなヤツに説教されたくないだろうけどな・・・・」

ステテコを履いた死神はしんどそうに立ち上がるとロビーの向こうの闇に向かいゆっくりと歩き始めた・・・・  と、 立ち止まり振り返った・・・・
「オマエの時は一張羅を着てきてやるよ、長い付き合いだからな・・・・・」 そう言うとニイッと開いた唇から欠けた前歯を見せた。
  1. この記事のURL 2009/07/28(火) 23:14:17|
  2. 変譚
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

充電と放電

ある程度仕事が出来る・・・・という年代になると、今までに蓄積した経験値を放出することになります。
この行為は自分にとっても「世の中に発信してるんだ 」という心地よい実感を与えてくれます。

・・・が、しかし、 あまりにも放電要求が多い・・・それは世の中から求められていることなんだと思いますが、充電するヒマがなくなる危険性があります。

例によって書き出しは 「ん? くだならい説教か?」  という感じですが、エロブログも同様であります。
SMブログを考察すると
 ①日々のSM活動の報告、または感じたことを綴る(実体験系)
 ②SMに関する机上空論(妄想系)
 ③情報系
    ・・・その他にもあるのかもしれませんが、ざっくりと以上のように分かれるかと・・・

いずれにしても常に新しいネタを仕込んでいかないとネタ切れ・・・という憂き目に会うのは、実社会で中間管理職が直面する問題とも共通点があるのではないかと思います。

長らくSM系ブログやHPを続けている方々・・・・本当に尊敬しますが、それぞれ自然体とはいいながら、周囲にアンテナを伸ばしているのではないかと感じております。

外界に向けて放電もしながら、しっかり充電もしている・・・ 理想とは思いながらも結構むずかしかったりもします。

ヘンタイブログで偉そうなことは言えませんが、「この仕事、自分がいないと成り立たないなー・・・」と感じた瞬間から放電は始まっている・・・・・ 充電にも気をまわしてくださいね・・・・

そういえば、自家発電・・・・ 最近ごぶさただったりして  (笑) ←ハズカシー・・・
発電機がオーバーヒートしない程度に充電活動も行っていきたいと思っとります。

  1. この記事のURL 2009/07/05(日) 03:50:14|
  2. ひとりごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

Author:genomic2p


dfw222@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。