FC2ブログ

隣の芝生SM雑記帳

SMを中心とした乱文です

検索マニアへの道

忘年会シーズン、時々しか会うことのできない知り合いと旧交を温める機会です。
・・とはいっても、最近はオトコ3匹集まると 病気自慢大会の様相を呈するのが少し悲しいですが・・・・

先日の会合で、ある先輩(自営)の愚痴によると・・・・
以前にネット広告の営業マンに「アドレスが長いと覚えてもらえない」ということで、お金を払わされてドメインを取得させられたのに、最近は「アドレスなんか入れる人はいません!検索に引っかからないとダメです」などと言われて何やら怪しい見積書を持ち込まれているようです。

確かに最近はコマーシャルや広告でも自社が(おそらく)トップに出るキーワードを入れるように催促するパターンが多いです。日常生活でもちょっと話題に上ったことをその場でパタパタと打ち込んで検索・・・・もはや電子辞書も要らない・・・世の中「検索社会」になってます。

理系の世界では割と早くから「文献検索」をいかに上手く行うか、「検索道」と勝手に名付けてますが奥義を極めることが重要な能力のひとつとなっています。

しかし、この検索ワードの設定・・・・簡単なようで自分の求めるものを探し出すのは至難の業なんですよね。

自分のブログにたどり着いた方の「検索ワードの披露」が「黄金のネタ」であるのも、
「みんなこんなに苦労して自分の知りたいことを探しているんだー」 っていう感動を伴うからではないかと勝手に思っています。

そこで自分を振り返ると・・・・・
ちょっとした待ち時間、しかも目の前にPC・・・・ さっそくまだ発見していないS男さんのブログを検索・・・となりますが、意外と行き詰ることが多いです。 つまり、自分のエロ妄想の単語が固定化してしまっているということなんでしょう。
そんな煮詰まった状況に活を入れてくれるのは単純エロ・・それも商業目的のところのバカばかしいコピーだったりします。

先日載せた「エイナスストッパー」の国民肛門総拡張計画も立派でしたが、とある変態さん専門風俗店の「おことわり」もなかなかです。
「当店は完全なマニア店です。普通の性癖を満足させることは出来ませんので、ご理解ください。」
口当たりの良い玉虫色の宣伝をあえてしない、1万人に1人の特殊性癖マニアでも全国には1万人いる・・・・という理論は実はネット時代の王道なんでしょうか・・・・
・・・さらにダメ押しで
「ノーマルな方のご来店が続くと女の子の士気が下がりますのでご理解くださいませ」
  ・・・・だって

こういった特殊店が生き残れるのが人間の脳みその奥が深いところなんでしょうね・・・

沼の底からお宝を見つける検索作業・・・・良い釣り針を見つけるには妄想力を最大限に広げることが大切なのかもしれません。
なんか良い単語あったら教えてください♪

  1. この記事のURL 2007/12/22(土) 17:05:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<行く年来る年 | ホーム | 物語のその後>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tonarinosibafu.blog79.fc2.com/tb.php/108-9eba446c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

genomic2p

Author:genomic2p


dfw222@gmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター


無料カウンター

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する